スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂SS・SWEETPLANさま90万フリー作品
こんばんは、もうすぐ本誌発売日ですね。あーもう、楽しみでニヨニヨニヨする顔面がどうにもなりません。^^

さて、本日は、SWEET PLAN様が6月頭に900,000HIT記念のフリー作をアップされておられたので、
フリー作品のお言葉に甘えて強奪してきたのをアップです^^
さまざまなジャンルを書いてる秋野さんの執筆の速さと、表現力にいつも「おーおーvv」とニマニマ読み逃げてます。どうもすみません。・・・(汗)
というわけで、素敵な世界へは追記よりどうぞー



「shine」






「最上さん」
 背後から声をかけられて私はがまず思ったのが見つかってしまった!で、次に浮かんだのはどうしよう!?でさらにそこに逃げるか逃げないかの選択肢が立ちはだかって、うっと怯んだところで(この間3秒)腕を捕まえられた。きゃっ、きゃあ!
「最上さん?どうしたの?」
 焦る私とは対照的な穏やかな口調。……えぇいつだってこのひとはそうだった。オトナで。穏やかで。やさしくて。……結構な確率で私はその似非紳士っぷりを見ているわけだけれど、世間の皆様の見ているけれど、オトナなんだなっていう印象はあまりブレたことがない。時折感じる子供っぽいことを!と思うのは、オトナだと認識しているからだし。
(少し意地悪だけれど、お仕事に対してひどく真摯で、厳しくて、……大切なことをたくさん教えてくださる、心から尊敬できるヒト)
 私のなかの彼はそんなヒトだった。
 彼は、ずぅっと。 
(そう、一週間前までは!)
 あの日から私の中で彼の存在定義は変わってしまった。

―――……好きだよ。

 そう言って抱き締められて、固まっているうちにキスされた。あまりに機能停止している私に、彼が大丈夫?と抱擁をといて顔を覗き込んできた瞬間にそこから抜け出して、ついでに逃げたわ。
 それが一週間前のこと。
(それからは逃げて逃げて逃げて)
 ずっと心の中にいた彼は粉々に砕けて、淋しくなって、でも元にはけして戻らない。
 キスひとつで変わってしまった存在価値。
 粉々に砕かれたわたしが信じていた、彼。
「最上さん。こっちむいて?」
 イヤですと喉まで出た。けれど、言えない。と言うより、言うより前にそちらを向かされていたから。かなり強引に。
 そして見るのは、敦賀さん。久しぶりにお会いする、尊敬していた先輩。
 最上さん、と私を呼ぶ甘やかな声に、私は意地と根性で耐えて、にこりと笑顔を浮かべてみせた。
「お疲れさまです。敦賀さん」
 己の演技力を振り絞ったわ。そりゃもう。逃げたい逃げたい逃げたい。心は未だに叫んでいたけれど、逃げたって同じことよ。次にあったときにまた今と同じことになるんだから。
 ここで捕まってしまったのなら、ここで覚悟を決めるべき。
(それしかない!)
 そう私は思うのに。
「っっっっ!?」
「作り物の笑顔は君に似合わないよ?」
 目の前、僅か数センチの場所で敦賀さんが言う。私は唇を押さえて叫んだわ。
「なっなっなッ何をしやがるんですか!?」
「キス」
 ポーカーフェイスを崩すには意表をつくのが一番だろう?ととんでもないことを言って私の唇を奪ったヒトはそう言って、にこりと笑った。
「もちろんそれ以上でもいいわけだけど」
 それ以上ってなんですか!?いったい!?でもそれを叫んでも何だか墓穴を掘るような予感を覚えて、私はただひたすら敦賀さんを睨む。
(もう!何をしたいの!?)
 このひとは。
 私に。

―――……好きだよ。

(そんなの、迷惑なんです)
 そんな気持ちは私のあなたに対する尊敬の念には不必要なんです。いらないんです。敦賀さんはいつだってうんと遠くにいて、憧れで、シモジモのつまらない悩みなんて超越したところにいて、つまりは不動で絶対で、……触れられない場所にいてくれないと困るんです。
 粉々にそれを砕いて、なくして、……私なんかに触れたらダメなんです。
(だって困るんです)
 手を伸ばしたら届いちゃうかもなんて幻想を抱く場所にいたりしたら。
 そんなのは、。
「つ、敦賀さんなんて嫌いです……!」
「うん」
「私っ、ひとりで平気なのに!」
「うん?」
「敦賀さんがいると、ダメになるから、……だいきらいです!」
「そう」
 敦賀さんが笑った。とろけちゃうみたいに甘い笑み。だからそんなのが!もう!
「大嫌いです……!」
「うん。いいよ」
 敦賀さんは言って、私をぎゅうと抱き締める。離してくださいといってもそのままで。
 そしてやわらかにつづけた。

「大嫌いでもいいから、俺を愛して?」

 それだけだよと言う。
 簡単に。
(だいきらい)
 本当に、嫌い。
 こんなひと。
 全部壊してく。
「大嫌いです……ッ」
 大きな背中を抱きしめ返したら、ありがとうと甘い囁きが私をふわりと包んでいった。







Fin.






なんとも素敵すぎる作品がフリーとのことで、ガッツリ強奪してきてました。無報告で←こら。
なんて萌えなんでしょうねぇ・・・うふふ~vvこういう蓮とキョーコ大好物です!!!
蓮がカッコよすぎて鼻血でるかと思いました←
秋野さん素敵作品をフリーにして頂いてありがとうございましたv&900,000HITおめでとうございました!!!

ちなみに秋野さんのお宅はこちらです→SWEET PLAN/秋野ほなみ様



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。