スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

追記ネタバレにご注意!本誌感想。
はい!こんばんは惣也でっす!
本誌はフラゲですが、コミックスは1日遅れの為、本日コミックスゲットしてきました・・・
もう・・・あのトーンで潰れてたコマが見えたり、書き下ろしが読めたり・・・幸せすぎて駄目だー!!!

でもって、今日届いたスキビ同人誌を読み始めたら止まらなくなって、ずーっと読んでたらMVPが読みたくなって読みふけってました・・・やっぱり仲村先生最高ですね・・・
そう、書くのをうっかり忘れてましたが6/17先生のお誕生日でしたね・・・某様の記事を拝見して、!!!私も忘れてた!!!ってなりました。五月末までは覚えていたというのに・・・orz

そんなわけで、本日も元気に本誌感想行きたいと思います!
まだ開設して四ヶ月強、そんなに沢山本誌感想を書いてるわけじゃないですが、例によって、毎度ながら、酷い感想書き殴りですのでご注意下さい(笑)

というわけで追記よりどん!
というわけで。本誌感想です。

act.159


中表紙
「拭いきれぬ黒い影」「現在を蝕む。」

カイン兄さん裸!!!!!!!!!!!!!!!ぎゃぼー!!!

思わず「見える!!!!」と、千里眼スキルを発動させて黒い手がかかってるとことか、文字がかぶってるとこの裸を見えた気分になってました←おいおい。
だって・・・蓮の裸が見たい。。。うおおお!!

カインに纏わりつくあの黒い手は私の手が這ってるのかしらと思いました←黙りなさい。

とまぁ汚れてる私はさておき。ちょっと真面目になると
あの黒い手は蓮の首を絞めにかかる魔手のような気がしました。
なんだろう、息の根を止められるほどの闇・・・みたいな。ねぇ?


で、中身ですよ、奥さん!!←なにが

まずは過去回想
あの路地裏からにゅぅ事件後の会話がちょろり、笑顔のカイン服の蓮とびっくりしてるラブミーつなぎのキョコたん。
で、すさまじいキャッチコピーから
次ページのカイン挿入の大コマ

あまりのカインの気迫に、BJ!!!!!!!とモノローグで叫ぶキョコさん。

アンテナは三本だし、見たことないぐらい凶悪なお顔!!!!!
私はちょー!!!!!ってなってました

「ひ」ってなったセツちゃんの次ページをめくると

ケーちゃんも「・・・ひ・・・」で、武器をビュビュビュビュビュザザザザザと振り回してるの。

ちょっと!!!武器持ちに素手が圧倒的有利に踏み込んでるってどういうことwwwww
もう敦賀さん人外運動神経決定ですね分かりますwwwwww


懸命に武器を振り回しながら後退するケーちゃんに、それを華麗によけて迫り来るカイン兄さん否BJ!!!!

セツっちゃん「ひいいいいいいい」

「・・・に 逃げてーーーーー!!!全速力で逃げて海藻髪(わかめ)の男(ひと)ー!!!!!!!!お願いー!!!」
遅いーっ それじゃ遅いよっもっと早くー!!殺人事件になったらどうしてくれるのー

というセツっちゃんの叫びに

「わかめだと---!!!!!!!!!!!!!!爆笑」となった惣也さんがいます。
前号から勝手にわかめ呼ばわりしてたケーちゃんですが。公式にわかめになったwあっれーwwwww

で、キョコたんが蓮を心配してるわけですが、そんな思いも知らず、
わかめは壁際にどんと追い込まれ、真っ青。
最後に振り回した一撃はあっさり受け止められて、武器がスコーンと飛んで前方にひっぱられて前のめりのわかめwww

一撃パンチが飛ぶ寸前に

「・・・兄さん・・っこ、殺しちゃダメー!!」(敦賀さん・・・っ ダメ!!!)

そして蓮脳内にフラッシュバックするおそらくクオンの過去。

なんだろう、すごい蓮の闇・・・しこたま重そう。
いや、きっとそのぐらいやってるんだろうとは思ってたけど、まさか女の子が出てくるとは思って無かったよ。

で、ぎゃというわかめの悲鳴に思わず両目を覆ってしまったセツっちゃんがそおっと目を開けば
後頭部を強打して蹲るわかめ。
事の真相でも蓮が直やった訳でなく、勢いで巻き込まれて後頭部強打したもよう。

(何にしても敦賀さんが止まってくれて良かった・・・)と安堵しながら壁に両手をついたまま止まってるカインの顔を覗き込めば呆然としている蓮?

ビク

バッ
で何とか動き出したものの
蓮なのかカインなのか判断しかねるキョコたんに

「・・・俺は誰だ・・・?」

(私が訊きたいんですけど!!)とちょっと怒るキョコたん

「今、俺の中に黒の魔物が・・・・」グッタリなカイン
「えぇ支配されていましたね・・・バッチリと」←この受け答えは完全にキョコたんですなぁ

「俺は・・・まだ ヤツに捕らわれてるか・・・?・・・セツ・・・」

この言葉でセツに戻ったキョコたんは
にっと笑って

「いいえ・・・?」
「カイン・ヒール アタシの大事な可愛いドジっ子兄さんよ」
「・・・っ」


「ドジとは何だ 兄に向かって」
「なんならダメっ子兄さんにしてあげるけど」
「・・・・・・ドジでいい・・・」

(やっぱり 敦賀さんじゃ・・・なかったみたい・・・)

あの、なんですかね。最後の手書き会話のやりとりが可愛すぎてどうしようかと・・・
これからの展開が非常に楽しみすぎるー!!!!!!!
次はどうでるのかしら・・・vvv

あ、次ページのラブミープロジェクト、全問正解できてちょっと喜びました。
いつも一個だけ分からないっていうパターンが続いてたので。。。ほら、フローラの姉の名前とか、飛鷹くんのじいちゃんの名前とか、流石に忘れてたわっていう。

今度時間作って葉書書いて送ってみようかなぁ・・・

コミックス感想はなんかもう酷すぎそうなので、もうあえて叫ばないことにしようwwwと思います。
しかし、コミックスも最高でした・・・vvv
次は秋か・・・先生・・・本当に大丈夫なんだろうか・・・ベタ塗りとかトーン貼りとか手伝えるものなら手伝いたい・・・←おこがましい。
画力があったらいいのになぁ・・・。orz


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.