スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS・蛹が蝶に孵るまで。1
時間軸 「DARKMOON」クランクアップ後
ドラマの主役へ抜擢されたキョーコのお話。



―――――――――――

蛹が蝶に孵るまで。1

―――――――――――




タレント部主任デスクの前で告げられた言葉の前に、

彼女はその瞳を大きく見開き、驚愕を露わにしながらも、

その手に受け取った台本へと視線を落とした。

―――――――――――




「わ、私が・・・・・・しゅ…主演ですか~っ!!?」


「そうだよ!おめでとう最上くん!!」


LMEタレント部主任の椹は上機嫌な笑顔を浮かべ、
その事実を彼女に告げ、詳細についての話を始めた。

「深夜枠のドラマなんだが、京子でいきたいと先方から打診があってね。
未緒とナツ、それにPVでの天使を見て、是非!との話なんだよ。
社長からもOKが出たから、君の初の主演ドラマ、決定だよ。」

ニコニコと温和な笑顔で、いやー、鼻が高いよ。とキョーコに語る椹は
本当に嬉しそうな笑みを浮かべている。


「えっと……ドッキリ…とかじゃない…ですよね…?」

キョーコはあまりの展開に信じられないと、唖然としながら呟いた。

キョーコが初めて出演したドラマ、「DARKMOON」は先日、無事にクランクアップをした。
局を上げてのドラマだった「DARKMOON」は、他局のドラマに比べ、クールが特殊で、
話数が少々長くなっている為、他局では新ドラマが続々と放送されている時期ではあるが、
「DARKMOON」は最終回まで残すところあと四話。
そして昨日はキョーコの出演する"BOX‐R"の第一話が放映された。

「DARKMOON」は最高視聴率が回を追うごとに更新され続け、前回の放送で
前作、月篭りの記録を抜くという記録的快挙もなしとげ、まさに絶好調であった。

主演の敦賀蓮、百瀬逸美をはじめとするキャストたちの熱演に、人気はヒートアップを続けており、
最終回にむけて、どこまで記録が伸びるのかと、業界の注目を一身にあつめている。
放送は未緒が美月の味方につく展開にさしかかった為、世間の未緒への風当たりが緩和され、
そのおかげか、ここ最近では、様々な番組の、未緒=キョーコへの名指しの出演依頼も増える傾向にあった。

デビューから一年半、順調すぎる、と言ってしまえばそれまでだが、
キョーコは順調に業界での存在感を確かな物にしていた。
が、本人には「京子」として世間にどれほど認識されているという自覚が欠けていて、
未だに変装もせずに普通に町を歩いているのだが・・・。


「後半から出るライバル役は琴南さんだよ、ラブミーコンビでのオファーなんだけど」

「えぇえ~!!!!!!!!モー子さんと共演ですか!!?
嬉しいです!!やります!!やらせて下さいーっ!!」

右手は台本を胸に抱きしめて、もう片方の手は椹のデスクの上。
キョーコは前のめりになって椹に力いっぱい答える。
親友との共演がよほど嬉しいのだろう、キラキラした笑顔で、
椹の目には花が飛びかっている幻覚さえ見えた。


「それは良かった、なんと言っても新開監督たってのご指名だからね。
あ、あと相手役は蓮だから。」

椹の口からあっさりと出た予想外な名前に、それまではしゃぎちぎっていたキョーコは
ピタリと停止し、先ほどまでの花がほころぶような笑顔はどこへやら、その顔色は真っ青である。

「え゛えぇーっ!!!!!!!!」

LMEの近隣のフロア一体に響き渡った奇声は
養成所でのレッスンの成果もかくやと言った発声である。


「な…な…なんで!?だって…そんな無茶な…!!!」

「?…無茶って?
蓮が相手役なのは何か問題があるのかい?」

椹はキョトンとした目でキョーコに問う。

「だ、だって敦賀さんはただでさえ鬼のように忙しいのにっ…」

まるで金魚のようにパクパクしながらもキョーコは必死に言葉を発する。

「鬼って…、確かに蓮は忙しいだろうが、DARKMOONの後は次の映画の前準備の為に
今クールのドラマの出演は押さえているから、そう忙しすぎるという訳でもないだろう?」

今回は相手役とはいえ、主演では無いんだから、それほど大変では無いと思うんだが…と
キョーコの反応と言葉が飲み込めず、不思議で仕方ないといった顔の椹は首を捻っているが、
ある意味、椹の反応は至極当然なのである。

『い・・・いやーーー!!!!
敦賀さんは隠れてやってるBJの収録で、ただでさえ忙しいスケジュールのはずなのに!!!
更にドラマに出るってどういうコトなのよー!!!』

キョーコは心の中で大絶叫である。
そう、蓮は現在、表向きにはスケジュールのセーブをしているように見せかけつつ、
その実は秘密理に出演しているドラマの殺人鬼、BJ
そしてBJを演じる役者、カイン・ヒールを二重に演じており、
はっきり言ってめちゃくちゃ忙しい・・・はずなのである。

―――――――――――


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。