スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂・SS【溢れる色香 15禁】
艶やかな微笑さまから 相互SSとか
頂いてしまいましたーっ。

それも、まさかの15禁!!本当ありがとうございます!!!!
頂いたタイトル見た瞬間、うほー!!!ってなりました←
裏書こうかなぁなんてポロリとこぼした発言をしっかりキャッチして頂いたようです(笑)
なに、これは私も裏で返せとそういうフリなのか・・・落ち着いてー。

私も何かお返しできるように、ちょっと考えますからして!今しばらくお待ちをーっ!!




【溢れる色香 15禁】

付き合い始めて3ヶ月たったある日のこと
それはどうしたことか今蓮の目の前には信じられない光景が
 
それは1週間前やっと身体ともに手に入れられた愛しい女
キョーコがハーレムと化した中にいた。

LME事務所では、昨今京子ちゃん争奪戦が行われる。
そんなことを知る由もない蓮
そんな中で蓮との関係により色香を増した花に寄り添うハエどもがいた。
「京子ちゃん・・・今日もう終わり?俺と付き合わない?」
「いいえ・・・この後富士で打ち合わせなのですが・・・」
「「俺が先に誘ったんだぞ・・・邪魔するなよ・・・!!」」
「「いいやおれがさきだよ」」
多くの男達に囲まれながら押し合いへしあいの状態で苦しそうな表情をしていた


そんな時、エスカレートした男達の行動に辟易し歪めた顔をしている。
「皆さん・・・止めて下さい・・・痛い、押さないでください」
「いやぁ・・・こわい・・・たすけ・・・」
そんな歪めた表情すら男達にとっては可愛いことこの上なく、そして煽られて腕
を掴むものやキスしてこようとするものも後を絶たない

「た・・・たすけ・・・」
そんな時正義の元にヒーローがやってきた。
それはお助けマンこと敦賀蓮
その表情は麗しい中にも冷淡さを醸し出し嫉妬の中に氷のような冷たい容貌で見
つめている。
「お前ら・・・何をやっている?仕事はどうした
!!」

一突きにするような言葉の刃を放ち穏やかさなど微塵もなかった。

怒っていることが目に見えてわかるキョーコは嫉妬に狂った男を蒼白の顔で見つ
めその場を逃げようとしている。
「キョーコ・・・やはり君とのことを公然とアピールする必要がある。」
く・・・・敦賀さん・・・狂った目してる?
怖い・・・切れてる!
その大魔王から逃げられずに兎は捕まった。
公然と他の男達のいる前で、艶かしいいつもベッドでしている夜の帝王

い・・・いいいいいやああああーーー
何でこんなところであの表情?
まずい・・・まずいまずいまずいまずい!!!!!
突然顎を持ち上げられてキスをしてきていた。
そんなキスの間アップになった蓮の瞳の奥にめらめら何かが燃え滾るのを感じな
がら・・・。
いやぁ・・・こんなところでやめ・・・・

視線が絡まりあってやめてとばかりに扇情的な瞳をしたキョーコは狼の目に射す
くめられ抗うことも出来ない。

息が上がり始めたキョーコは唇を割られて歯列を舌でなぞられた。
そして舌を絡め始める。
淫靡な絡める音は事務所内に響く
「ぴっちゃ・・・ぴちゃ・・・くちゃっ・・・くちゃ」
男達の視線が凝視されて2人の甘い空気が立ち込めるなか暴走した蓮は服の裾か
ら手が入れられてもう片方の手はブラジャーのホックをはずしていた。
エスカレートした行為は服の輪郭からでもわかる感じで胸の辺りをさわさわと触
っている。
「うぅん・・・や・・・やめ・・・こんな・・・とこ・・・はぁん・・・・れ・
・・・ん・・・だめ・・・・いや・・・んあぁ」

行為が進みはじめスカートのすそから大腿を触ろうとした蓮の前に暴走を止める
ものが現れた・・・
「お・・・おい蓮・・・やめろ・・・こんなところでして良いことじゃない!!
!」
引き剥がされた蓮は名残惜しげにキョーコを見ていた。
そして目線をはずして男たちを睨みつけて一言言い放つ
「キョーコは俺のものだ!!!お前達が手を出したらただじゃおかない!!殺し
てやるから覚悟しろ!!!」

震え上がった男達は顔面蒼白のまま立ち尽くしていた。
その夜、家に帰ったキョーコは狼の執拗な行為をうけ貪られた。
翌朝仕事にいけずに泣くキョーコは初めて仕事をすっぽかすという失態を犯した

そして一方の蓮は、社にこっぴどく怒られキョーコの半径100メートル進入禁
止を言い渡されるのであった。

~おしまい~

________

作者さまあとがき
こんなんでいかがでしょうか?
一応本番なしなので表になります15禁程度だったら表でも大丈夫だと思います
。←(どんな言い訳だよと突っ込まないでね)

ワタクシ。
頂いた瞬間、ちょー!!なんですってー!!って
いそいそ拝読させていただきました。
なるほど、このぐらいなら表ですか!!!(笑)
私も見習ってがんばってみたいと思います!!!あはー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。