スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

追記ネタばれにご注意・本誌感想
今号に泣いた……全米っていうか私が泣いた←

うぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!
ってなりました。
次号が楽しみでコミックスが楽しみで
敦賀さんの破壊力ぱねぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!

逆転検事2やってるのに、スキビ脳すぎて、みっちゃんに集中できないじゃないか、めそめそ。

ということで、本誌感想でございますー!!
act.170

とうとうこの瞬間が来たか!!!!という回でございますな^^


***ご連絡***
2/6零時までに、裏庭のパスワードご請求のみなさま、全件お返事しておりますが、戻ってきてしまったメールがありますので、届いて無いよーって方は再度ご連絡お願いします。
ACT.170の感想であります。


一回お休みを挟んだ本編の再開に、わくわくしながら開いたわけです^^

1P目から箱があって、おお!?ていうか、南京錠多いなwwwwというアレだったわけですが、2P目のキョコたん。かわええ!!!かわえええええーー!!表情がシリアスで、きゅんっとしますねー^^
しかし、裸!!?もう本当、キョーコたんの心情が丸裸にされる回なのでってことですかね←

で3P目がいきなりのピラミッドの写真パネルとファラオの社長と椹さんwww
いや、うん。何事かと思えばDMの打ち上げぱーりぃのキョコたんに持たせるビンゴゲームの景品の相談か…社長みずから出張ってくれるあたり愛されてるが、遊ばれているww
ほうほう、キョコたんはQSQゲーム機を提供して、蓮は自分で考えた物を持ってくるのね?ほうほうw
蓮が「DMには役者としての新天地も気付かせてもらったし、俺に用意させてもらえませんか?」と言ってきたって松島君が自慢してましたよ、という椹さんの話に、松島さんかわいいなwwwと思ってしまったw
でもって、椹氏の「社長。パーティー会場へゲリラ参加しないで下さいよ。」(太字)な辺りに、部下にここまで読まれてるローリィに爆笑。いや、行かない訳も無いと思ってましたけどクレオパトラとかツタンカーメンをおともにパーティーをこっそりのぞくつもりのローリィのやる事の派手さ加減にまた爆笑。

で、こっからモー子さん。
しかし、モー子さんは着る物一つとってもとーってもおしゃれさんですねー^^流石であります^^
キョコたんの後ろすがたを発見して、声をかけようとした瞬間、しょぼんと背を丸めてしまったキョコたんの異変を察知したモー子さんが愛情溢れてて素敵vvv
しかし、くるっと振り返ったキョコたんwww
ぱあーーーーってバックに花を飛ばして「モー子さぁん!!」なのに、その顔wwww
予想外すぎてどうしようかと思う丸ギャグ顔wそしてそれに一瞬でひきつるモー子さんとのギャップが…ギャップがw
「会いたかったわー」と駆け寄るキョコたんに「ストーップ」と顔面蒼白にして止める訳ですが、

この隣の柱。コミックスの宣伝のやつですが「貴方の知らない敦賀蓮がここに!」
カインの絵に対して・eyes→鋭い光で獲物を射抜く
hands→その拳は凶器そのもの legs→音も無く忍び寄る おまけにカイン犬三匹で「読んで。」の哀願台詞。
いやいやwだれだコレ考えたのwwwいや、編集さんでしょうけれど。27巻2/18発売。
心配するな、二冊買う←誰も聞いて無いだろう。

と、脱線w
しかし、大ゴマでキョコたんの顔…顔w
モー子さんが全力で「そんな顔」を指摘する訳ですが
「? 私そんなに欲望まみれの顔してた?」
キョコたん、それ、どんな顔だよwまぁ、モー子さんが全力で突っ込んでますが、ラブミー部に奏江を無理矢理入れようとしたときの「ラブミー部はいいトコヨ。楽しいワヨ。絶対お得ヨ。」の顔にその顔を見た直後、私は地も凍るような恐怖を味わった…の一言…いや、うん。そうだね、なつかしいね…w
そんな顔を打ち破る「今度は一体何を企んでるの!~正直に白状しないと、来年の今日まで口効かないわよ!!!」に対してパキーンと壊れる営業仮面に爆笑…先生はどうしてこんなストーリーを思い付けるのか…面白すぎてよじれる…w

その後、DMパーティーに着て行く服が無いのを悩んでる、と誤魔化すキョーコたんが、不自然に営業仮面で去って行き、パーティーに行きたくないと内心で思ってるのを誰にも気づかれない、と独り悩んでおりまして、思い起こした敦賀氏の行動が一緒にいませんかの続きで、手をぎゅう。
手をぎゅう!!!!「あぁ 本当だ すごく 勇気が 湧いてくるね」
うぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーwって思った人がいっぱいじゃないだろうか…w
敦賀氏のおててもそれにすっぽりおおい隠されるサイズのキョコたんのおてても華麗にスルーされてるぷりんせすローザさまもニマニマするし、
二人の体格差に、目を閉じた蓮のまつ毛の長さにうぎゃーあ、やーらーれーたーーーと。私は
コンビニの駐車場で声を発する事も出来ずに悶えておりましたw
その後の目を開く蓮さんを三コマにわたって追い、微笑む蓮さん・・・もう。本当、男前じゃのうおめえ!!!大好きだ!!

でもって、この笑顔でキョーコたんの最後のカギが開いたわけです^^
あーーーもうv自覚待ってましたともーっ!!!!!
連載中の続き書いてたんですが、もう全部吹っ飛んじゃったじゃないか←吹っ飛ばすな。
ちょっと続き妄想書きに沈んできます。


あ。ちなみに、裏表紙の次号付録にテンションがダダ上がりしたのは言うまでも無く。
次号は・・・はなゆめ本誌二冊買いだな。これは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.