スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

SSS・君の為に出来る事【NGシーン】
もーういーくつねーるーとーインテですー。
ということでこんばんは!もうすぐインテですインテです!わくわくしてとりあえず荷造りを始めました!
いつも直前にやってる私が二日前から準備とか・・・槍が降るかもしれない。

と、冗談はさておき。
印刷所さまから楼閣の蝶の自宅分が届きましたー!
遊び紙をインクの色で指定するとかいうアホな失態をやらかした私に優しく電話してくださった担当さまありがとー!!
いや、しかし、今回はそれだけだった!←今までは何かしらやって電話もらってたのですなorz
アンソロも遊び紙以外の間違いがなかったのです!きり。
・・・間違いないのが普通なんですけど何度確認しても何かが漏れているこの不思議・・・くうう。
なんでインクのサンプルを遊び紙のサンプルだと思って見たのかが謎すぎる・・・。

さてさて、本当しょうもない最近の私の話はさておき。
置いた所で追記も大したことは無いんですけど。君の為に出来る事のNGシーンなのです。
書いてる途中で「あ・・・」と方向転換しなきゃならなかった話ってだけですけども。めっちゃ短いです。
ちょっとネタ風にしてみたのでせっかくなのであげてみる。





君の為に出来る事 





(確かに、昨日の鮭は生焼けだったからよく焼こうと思ったけど……)

「火は止めたのにおかしいな……」

蓮の目の前では、あぶらの乗った上等な鮭が自らの保持する油でもって焼き網の上で文字通り、激しく燃えていた。

「これがフランベ?」

ここにキョーコがいたならば「違いますーっフランベはワインをかけたりしてボンってするやつです!!」と高らかに突っ込む所ではあるが、生憎と蓮一人であるためにままならない。
地下スーパーで購入された、庶民的な店の三倍はするだろう銀鮭は、こうして無残な漆黒の魚だった物へと変貌を遂げた。


***


「カットカットカットー!困るよ敦賀くーんっ」

「え?何か問題がありましたか?」

「何かって、そりゃ問題だよーっ」

(俺、何かやったっけ?)

「君の家、IHだろう?魚の焼き網でファイヤーなんて、網がIHに対応してないんだから、出来っこないじゃないか。グリルで焼きなさい」

「は……はぁ……グリル、ですか」

「じゃあ、テイクツー行くよーっ」







・・・なんてな。
はたしてフランべ?とか言わせた後に私はどうするつもりだったんだろう。と、今となっては良く分かりませんw



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.