スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

SSS・12/24の日常会話・社&蓮【2012キョコ誕7】
イブですよ!こんばんは!
イルミネーションを見に行ったりプラネタリウム見たり、ご飯食べたりと遊び倒しているなうです。ええなうです。
まさかの今からオールでカラオケです。眠いなぁ…。


携帯から投稿してたので、帰宅した足で追記へ片付けました。
今から大掃除してきます!真面目に眠いっちゅーねん!←遊んでるから自業自得orz









12/24の日常会話 蓮&社







「ふー。ちょっと遅くなっちゃったな」
「仕方ないですよ。今日の雪でダイヤはかなり乱れたようですし」
「そうなんだけどさ。――本当、クリスマス寒波だなんて勘弁してほしいよ」
「はは。まあ確かに。それじゃあこのまま迎賓館へ向かいますね」
「ああ。悪いな、こんな日に運転させて」
「吹雪いてませんし、大丈夫ですよ」
「――でさ、蓮……」
「何か気になる事でも?」
「んー、お前の荷物なんだけど」
「はい?」
「……ジャンヌダルクの紙袋だよな?後ろのあれ」
「そうですね。去年と同じになってしまうのはどうかと思ったんですけど、マリアちゃんのお気に入りのブランドですし、今年はバッグにしてみたので問題はないかな……と。チャームだけ特別に作ってもらいました」
「そうかそうか……って、じゃなくてさ!」
「はい?」
「紙袋。一個しか見当たらないんだけど、キョーコちゃんへのプレゼントは……?」
「ああ。大丈夫ですよ。ちゃんと持ってます」
「そ、そっか……。だったらいいんだ」
「何を用意したのか……は、秘密ですよ?」
「分かってるって。そこまで野暮じゃない」
「あと、助手席の真後ろに紙袋があるんですけど」
「真後ろ?――ん~?どれだ?あ、これか?」
「取ってもらっていいですよ?」
「うん?どれどれ?」
「俺から社さんへのクリスマスプレゼントです」
「え!?ご、ごめん。俺、キョーコちゃんとマリアちゃんへの誕生日プレゼントしか用意してないんだけどっ」
「いえ、いいんですよ。日頃からお世話になっているお礼も兼ねてますから」
「あ……ありがとう」
「手帳と万年筆と四色ボールペンです」
「ははは。ありがたく使わせてもらうよ」
「俺、社さんにプレゼントをするのってこれが初めてなんですよね」
「えっと……、そうだったか?」
「はい。俺、そういえば社さんの誕生日教えてもらった事、なかったですから」
「そういわれればそうか。まあ、もう誕生日を祝うって年齢でもないからなあ」
「俺のは知ってるのに?」
「それはだって。マネージャーだし?それに、俺はお前にプレゼントをやった事ないだろ?」
「てっきり気を遣われているのかと」
「んーまあ、否定はしない。プレゼントってのは貰いすぎても困るもんだろうしな」
「で、いつです?」
「引っ張るなぁ。……俺の誕生日はだな――」





「お姉さまーっ!大丈夫ですか!?」
「うん!大丈夫大丈夫!お料理をお任せし終わったから行けるわ。マリアちゃんの方は大丈夫だった?」
「はい!今はおじいさまがステージでイリュージョンショーをしておりますわ」
「今年も凄そうね」
「本当に。いつ練習していたのかしら」
「あ、そうだ!」
「はい?」
「今、渡してもいいかな?」
「なんでしょう?」
「これ、マリアちゃんへの……お誕生日プレゼント」
「うわあああ、ありがとうございます!開けてもよろしいですか!?」
「もちろん!」
「手袋と、マフラーが……2つ?お姉さま、どうしてマフラーだけ二本ですの?こころなしか小さいように思いますけれど?」
「そっちはね。去年マリアちゃんの所に行った敦賀さんへのプレゼント」
「まあ!」
「あの子のお誕生日も、今日、みたいなものだし」
「それで私のとお揃いで作って下さったんですのね!ありがとうございます!とっても嬉しいです!」
「ふふふ」
「大切にしてくれているのね」
「もちろんですわ!私だけの蓮さまですもの」
「…………うん……」
「――お姉さま。私、ちゃんと知っているんですのよ?」
「な、なにをかな?」
「お姉さまと蓮さま。本当はお二人共っ」
「マリアちゃん!」
「お二人共思い合っておられますわ」
「それはきっと違う、気のせいよ」
「違いません!お二人は両想いですもの!」
「…………それでも私は違うと思ってるわ」
「私に気を遣われているのですか?お姉さまは蓮さまがお好きなのでしょう?私、お姉さまなら蓮さまの恋人になって頂いても良いって思いますのよ?」
「……気持ちだけ、貰っておくね。マリアちゃん」
「お姉さま……」
「恋は二度としないって、決めてるの。だから……」
「ごめんなさいお姉さま。お姉さまにそんな顔をさせたい訳ではありませんのよ」
「ううん。私の方こそごめんね。さっ、行こう?マリアちゃんのパパも待っているんでしょ?待たせちゃいけないわ」
「あ……はい」











ここからキョーコたんを口説き落とすのが明日の敦賀さんのお仕事です。
あと1日!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.