スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

【クレパラ】片翼のゆくえ(パス返信状況追記6/19
******
ちょこっと追記。6/19
パスワード返信17日までの方完了しております。携帯アドレスの方、戻ってきてますので、おそらくドメイン設定等だと思います。パソコンの@yahoo.co.jpのメールを受信できる設定にしてご連絡下さい。
 ピクシブ見てたら駄犬萌えしました。ツイッター見てたら王子萌えしました。もう色々と追い付いてなさ過ぎて時間ほじいいいorz
******

 ※この記事はスキビの前作である仲村先生作品の東京クレイジーパラダイスネタです※


というわけで、夏なので、クレパラはじめました。
冗談です。愛蔵版コンプしたら書き下ろし漫画がたまらんすぎて辛抱できませんでした。
竜司最高すぎた・・・。
そんなわけで、そやえもんの書くクレパラネタですが、OKな方だけお付き合い頂ければ!
ちょいちょい書きたいのがあるので、スキビもクレパラもちょこちょこ書いて行きたいのであります。
愛蔵版の書き下ろしネタまでを踏まえて書いてる節があるので、愛蔵版未読の方を置いてきぼりにするようなことがあったら・・・正直すいません。

っていうか、クレパラをまだ読んでない方は、ぜひ愛蔵版の書き下ろしこみで読んで下さい。
だだ萌えるから!!!つか。読まなきゃ人生の何割かを損すると思うの。←そやえもんは某社のまわしものではありませんw

あと、関係ないけど、通販ページの更新したり、衣装作ったり、夏の事を考えてみたり、
パス返信はちょこちょこさせて頂いておりまする。がんばる!







片翼のゆくえ







極道界においてその名を知らぬ者はなく、関東圏では最大規模の組織、九竜組。

彼らは数あるヤクザと名のつく組織の中では珍しい部類に入る昔気質。仁義を重んじる集団であった。
もとより、九竜組は同業者達に一目置かれる立場ではあったのだが、それが一般層にまで名を広め、注目を集めた事件がある。

牙流会による九竜組本部襲撃事件。
新種の薬物により強化、操られた一般人達が九竜組を襲撃したソレにおいて、彼らは決して手を出さず、自己の防衛と襲い来る薬物中毒者の身柄の確保に努めたのである。

それは当代、三代目組長である白神竜ニの意向であり、組長の意志は絶対であると誓う彼らの不文律からの行動であるが、見事に信念を貫き通した彼らには、もとより守るべき戒律が存在している。
その最たる取り決めが二代目組長の定めた薬物の販売、使用。全てにおいての禁止令であるが、近頃の彼らには、三代目みずからの勅命により、それに並ぶとも劣らない戒律が誕生していた。

『紅月司が女性であるという事を外部に口外するなかれ』

これは、東・西麻薬戦争――メガフロート国際空港壊滅事件の後の物語である。





「特別進級テスト、ですか」

わずかにズレたメガネを直した渋谷は斜め前を歩く竜ニの言葉でようやくこの場に『もう一人』がいない理由を知った。

「しばらく寝込んでいた間に大分引き離されたからな」

歩きながらふうと紫煙を吐き出した背中はピンと張っているものの、片翼の不在に少し寂しいのかもしれないと思うのは、渋谷自身も竜ニの後ろに『二人』で控える事にすっかり慣れていたせいだろう。

「それで命子先生の所に……」

竜ニの隣を定位置とする紅月司は現在、九竜組お抱え医師、命子の元――医務室に引きこもっている。

鹿王中学校のカリキュラムは、ずば抜けてレベルが高い訳ではないのだが、テスト範囲には牙流会とのいざこざでしばらく授業を受けられなかったあたりも過分に含まれているため、これまでの遅れを取り戻すべく猛烈勉強中という訳らしい。

「なるほど。しかし、三代目はご一緒しないでよろしいんですか?」

「……やる事は山積みだからな」

メガフロート事件以降、こなさなければならない事後処理は山のようにあり、確かに今の竜ニには学業に没頭する時間を取る事は容易ではない。

「しかし……」

だが。それでは竜ニはどうなるというのだろう。仮に司が試験に通ったとしても、竜ニの進級が危ういのではないか。

「アイツがもうしばらくこのままでいたいと言うんでな」

「つー坊が……?」

なんだかんだと言いながら、根本的に竜ニは司に甘い。
進級テストを受けるという事は、司には進級の意思、つまりは男装のまま学校に通う意思があるという事に他ならず、だからこそ竜ニは司が本当は女である事に箝口令を敷いたと言える。

「ですが、本当によろしいので?」

だからこそ、司の行動が竜ニを置いてきぼりにしてまで取るべきものなのかと渋谷は引っかかりを覚えた。
竜ニとて司と共にいたいはずだ。
しかし、このままでは間違いなく竜ニは学校を留年もしくは離れる事になるだろう。
ならば、司だけが勉強し、進級しようとする現状はいささか薄情すぎてどうしても納得がいかない。

「ああ。好きにさせる」

そもそも、司が女である事は組員には知れ渡っている。それこそ司が宝豪の影の聖妻の忘れ形見である事実と共に。
若桜の件を抜きにしても組員たちに司を受け入れる心構えはすでに整っているのだが、肝心の司の態度がはっきりしない。
生涯を誓い合っていたはずなのに、驚くほど以前のような距離感を取り戻しているのだ。

「………あの、三代目」

ボディーガードには出過ぎた事かもしれないが、渋谷は意を決して意見を述べようとした。

これは、ずっと竜ニに意見していた先輩――鴨島の背を渋谷が確実に追いかけ始めた瞬間でもある。

「あ、竜ニーっ!見つけたぞ、テメっ!」

「え!?つー坊?!」

二人の背後から威勢の良い足音と共に元気の良い声が追いかけて来た事で渋谷はびくりと背を強張らせながら振り向いた。

「外に行くなら一緒に行くから待ってろっつっただろーがっ!!」

(……つー坊が三代目を放り出したんじゃなく、三代目の方がつー坊を置いていったのか?)

「お前がついてくる分には別にかまわんが。あまり余裕ぶってると、落ちるぞ?」

「んなっ!!?りゅうぅじぃぃ!!人を阿呆扱いしやがって!!」

ニヤリと笑う竜ニに目をつり上げた司が殴りかかると、竜ニは軽やかに拳を交わし、茶化す竜二を憤怒の形相の司が追うというお約束の追いかけっこを始める。

「って!二人ともっ!」

渋谷を中心にグルグル走り回る二人は年相応どころか、小学生かとい言いたい所だが、ここで渋谷は司の手にノートが二冊ある事に気付いた。

「せっかく浅羽くんのノート、お前の分まで写してやったのにーっ!!」

お前というやつはと叫ぶ司に竜二の耳がピクリと反応を見せる。

「なんだ。俺にも勉強して欲しいのか?」

「当たり前だろ!?俺一人で進級してどうすんだ!!俺はお前と一緒に卒業したいんだよ!」

グルグル走り回っていた竜ニがピタリと足を止め、振り返って司を抱き止めたのを見届けた渋谷は、二人からそっと距離を開けた。

(馬に蹴られるのはごめんだしなぁ)

「そうかそうか。お前がそんなに言うなら、もう少し付き合ってやるかな」

司のセリフが嬉しそうな竜ニと、自分の言葉で耳まで赤くなっている司の姿に目を細め、クスリと笑む。



「――鴨島さん。こちらは良い感じですよ」

この優しい日常を見守っているに違いないもう一人の存在を隣に感じながら、渋谷は至極柔らかい眼差しを注いだ――。








真面目に授業を受けてる司のノートを見ただけで司以上の成績を取れる竜二くんならきっと司のノートを見たら授業受けなくても理解すると思うんですねこれ。
わちゃわちゃしてる竜司を見守るぶんさんとか、浅羽くんの話とか、朝来のとことか、書きたいものはいっぱいあるんですが、本当どうしたらいいんだろ←書けや。
でもスキビの本誌続き妄想も書きたいんだっ←書けばいいじゃないか。
時間下さい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは!
いつも楽しくお話読ませて頂いています(^^)
特に蛹シリーズは何回読み返したか分かりません!笑

私もクレパラ大好きです!
一番はやっぱ司の戦闘シーン(特にぶち切れた時)ですかねぇ(´ω`)
鴨さんのラストは号泣したし…
ところで、通常の単行本と愛蔵版?は違うんですか?
どちらも持っていないので、読みたくなったら漫喫に行っていたんですが、これを機会に購入しようかな…
ミチ | URL | 2013/06/13/Thu 22:40 [編集]
Re: こんばんは!
コメントありがとうございます^^
蛹は本当処女作なので、読み返して頂けているとか、うれしいです、本当ありがとうございます!!

クレパラ良いですよねーvv
コミックスとの違いは台詞回しが少々変わってます。私が気付いた箇所はそう多くはないので、まだ読み込みが足りないと思うんですが、結構あれ?って気付けたりするんじゃないかと。
書き下ろしは二冊同時刊行中、どちらか片方に必ずあったんですけど、後半になるにつれて漫画になっていきます。最後の二冊は書き下ろし漫画続いてて、ちょっと成長したキャラのその後が読めちゃうし、おまけにその余韻が絶妙なので、ご購入まだならぜひご購入されるとよろしいかと思いますよ^^
あとがき漫画を読んで余韻から隙間妄想したいなと思ってクレパラも書き始めた人がここにいますので。
惣也(そーや) | URL | 2013/06/14/Fri 23:58 [編集]
返信ありがとうございます!
おぉーっ!やっぱり違うんですね(^^)
しかもその後が読めちゃうとか…ますます惹かれます!
一回本屋さんに行ってみて、購入する方向で検討してみます(*^^*)
貴重な情報ありがとうございました☆
ミチ | URL | 2013/06/18/Tue 20:10 [編集]
Re: 返信ありがとうございます!
初版のコミックスを読み込んでる方なら多分もっと気付くセリフ回しの変化もあるんじゃないかなと思います^^
私の雄たけびなどではまだまだ魅力が語りきれませんが、興味を持って頂ける事になるなら幸いです^^
クレパラ良いですよクレパラvvはすはすvv
惣也(そーや) | URL | 2013/06/19/Wed 23:29 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.