スキップ/ビート二次創作のブログ。 二次創作に理解の無い方の閲覧はご遠慮下さい。初訪問の方ははじめまして記事を御一読ください

2017/1/8CC大阪情報【※通販開始】

※2017/01/15 追記

遅くなりましたが、インテ新刊のコピー本二種類、カートに投入致しました^^
自分の在庫管理が雑すぎるので、コピー本と在庫少ない本については数をオープンにしてあります。

既刊で在庫が少なくなっているもの
・「蛹が蝶に孵るまで」残り4冊
・「ラブミークエスト」残り5冊

です、やっとここまで減ってくれた・・・(半泣)って具合でございますので、再販はもうほんとありませんので、気になる方はぜひこの機会でどうぞよろしくお願いします。


******




明けましておめでとうございまーす!
キョコ誕をスルーして、年始の格付けチェックを見損ねて、なんだどうしたもうインテ前夜じゃないかという惣也です、こんばんは。

とりいそぎ、大阪インテの新刊情報です。

 6号館Bゾーン き-08a 光の箱庭

新刊①「The eye is the window of the mind.」  コピー本:本文9P:200円(全年齢)
     サイト公開している→ACT.241続き妄想の続きを書き足して一冊にしました。
新刊②「R」 コピー本:本文8P:200円(R18)
      ヒール兄妹のエロ本です。ただのエロ本です。ぱい●んと聞いて分からない人は読まない方がいいかと思われます。
     以下サンプル参照。
あと、おまけに1Pマンガつきのペーパーを作りましたので、いらした方は貰ってやってください^^
明日も寒いようなので、いらっしゃる方は気をつけていらしてください!

今年も蓮キョを尊ぶぞーっ













キャンピングカーという名の形をした、ジェリー・ウッズの移動式美容室にて事件は幕を開けた。

「そうよね。せっちゃんになる度に剃り続けるのも大変だし、せっかくだから、この機会に全身やっちゃいましょっか」
「…………はい?」
それはもう、ご近所に財布一つで買い物に行くかのような気軽さで美の女神様はのたまったのだ。
「あの、ミューズさま。今、なんと……?」
 聞き間違いかなというキョーコの願望は、続くミューズの満面の笑顔で打ち砕かれた。
「ん? だから、全身脱毛よ。いっそこの機会にやっちゃいましょう。費用はヒール兄妹用の経費で落とせるんだもの、これを使わない手はないわよ」
「えっ? あのっ、ミューズさま?」
ないわよって言われても……と、困惑するキョーコをよそに、ジェリー・ウッズはラッキーでしょうと笑顔で続ける。
「ほら、ミューズさまじゃなくてテンさんでしょ」
「あ、はい。すみません、テンさん」
リピートアンダスターンと言うジェリーに従い繰り返すと、ジェリーはよしよしと微笑む。
「それに、こうして毎回剃るのもお肌を傷める原因になってナンセンスだわ。ちょっと生えてきた時なんて痒くて気分はほんっとに最低になるものなのよ。これから雪ちゃんの為の変身は一回、二回の話じゃないんだから、身体への負担は最低限にすべきだと思わない?」
「えっ……?あのっ……でも」
最もらしい理由が並び、行け行けゴーゴーと軽く話は進んでいるが、要はキョーコのアンダーの行く末の話な訳で、その有る無しは人生の一大事ではなかろうか。
「やぁねぇ、そんなに難しく考え込まなくても大丈夫よぉ~。今時、業界人は処理してる人間が大半だし、アスリートにだって多いのよ? スイマーとかダンサーはみーんなそうだもの」
「は……はあ……」
「レーザーだと日帰りで終わっちゃうから楽チンだしね」
「えっと……いや、あのっ、えええっ!?」
どれほど幼く見えようと、海千山千の経験を持つ女傑を前に、まだまだ殻のついた半人前のキョーコが断り切れる通りもなく。
「とりあえず、今日の所は剃ってしまうとして、日にちは追って決めましょうね」
「えっ!? あのっ、ミューズさまっ!!? その手に持ってるのって……えっ! えっ!? ええええっ!?」
かくして、雪花・ヒールへの変身中に起きた舞台裏事件は開幕したのである。






ちょっと生々しいかとも思った切り口なんですけども、あの下着を見たときからずーっと思ってたので、
もうそっと書きました。どこまでも素直に書きました。しかし、私が書くものなので、本編でそこに関してリアルな描写があるはずもない。フェアリー感は大切にしたいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 光の箱庭. all rights reserved.